日本刀の基礎知識

01.19

なぜ、刀が武士の魂なのか

 日本では、刀は武士の魂とされてきました。何故に数多くある武器の中の刀が武士の魂とされてきたのでしょうか。

武器には、ほかにも槍,長刀,棒(杖)などが有る。

効力は、基本的には長いものが有利である。射程距離が長い分、使い慣れれば当たり前のことです。刀は相手の懐に入り込むまでどうしようも無いのです。

剣術では、各流儀、槍受けは至難とされています。実戦から出た結論です。

 しかし、長物は狭い所では不利であり、持ち歩きに不便です。その点、刀は手軽に扱えて威力の高い、武器なのです。

 古代中国では武器の頂点は槍です。また、武器の種類が非常に多く、西洋の国々でも、いろいろな武器が有ります。

 彼らは、体を鋼の鎧で包みます。体を鋼の鎧で包まれてしまえば斬れないのです。そこで、彼らの使う剣はぶち叩くものとなり、日本の斬るという使い方とは、少々異なります。鎧があれば、隙間を突き通すための細い剣があみ出されます。また、大きな盾を使いましたので、盾を飛び越えて攻撃できる大きなかぎづめ型の剣も考案されました。外国人は武器を改良することに懸命になりました。武器があり、それを防ぐものがあり、さらにそれを・・・というように、どうどう巡りをしました。

 しかし、日本人は武器をあまりいじらなかったのです。これは、日本人の根底に潜む心の作用です。

 武器をいじらず、武器に体を合せたのです。刀という当たり前の武器にわが身を合わせ、剣術を修行し続けました。このことによって、剣術は、帝王学にまで昇華する尚武の御業になりました。

 鉄砲が入ってきても、武器の頂点は刀のままでした。江戸時代と通じて飛び道具は潔しとされず。鉄砲術はあまり進歩せず、下司の使用武器とされたのです。武術が、精神文化にまで、育っていくのは、日本人の心の本質の作用によるものです。

「抜くな、抜かすな、斬るな、斬らすな」の大いなる大和の心の込められた剣法の極意は、日本人の心を築く大切な精神的柱になっています。人を斬り、人を殺す業を修行して、抜かぬ、斬らぬことを学び取り、人を生かすことを身に付ける。一見、矛盾に見えるこの道の修行こそ、大切な日本の心の鍛錬なのです。偽善のやさしさでなく、まことのやさしさを捜しているのです。『武士の情け』の一言に秘められたつわものの心がすきです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コラム・ブログ

メインバナー メインバナー メインバナー

御当主プロフィール

メインバナー
ページ上部へ戻る