最も日常的な日本文化

12.16

今年も残り少なくなりました。

 

13日がこと始めでしたが、

皆様来年への準備進んでいますか?

 

先日の講演会では準備するもののひとつとして、

「お箸」についてのお話がありました。

 

使う頻度が高く、

直接口につけて、

いのちを運ぶ道具ですから、

自分の分身といってもいいほど。

 

ただの「箸」ではなく

大切な「お箸」なのです。

 

いろんな道具がある中で

もっとも日常的で身近な日本の文化です。

 

見た目や長さや重さ、材質。

何を基準に選ぶのかも

自分の感覚が頼りです。

 

つまり、

どんなお箸を使うかが

その人を表してしまうのですね。

 

この年末は楽しみながら

選んでみたいと思います。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コラム・ブログ

メインバナー メインバナー メインバナー

御当主プロフィール

メインバナー
ページ上部へ戻る