申歳本番はこれから。

02.01

2月となりました。

大寒の寒さもようやく和らいで、

少しづつ春の足音が近づいているように感じます。

先日とある場所でうぐいすの初音も聞きました。

 

友常先生のお話ですと

丙申の本年は、

「七難即滅」の歳回りとのこと。

ご紹介していただいた

「日吉神社」と「赤山禅院」に行ってまいりました。

CIMG4556

滋賀県・大津にある日吉神社は

平安京の表鬼門が鎮座する方除・厄除大社です。

ここには魔よけの象徴という、神猿(まさる)さんがいらっしゃるのです。

「まさる」「魔が去る」「勝る」に通じて

大変縁起がいいのだそうです。

 

一方都七福神のひとつでもある赤山禅院は、

修学院離宮の塔頭のひとつ。

こちらの拝殿の屋根の上にある猿が

御所の猿ヶ辻の猿と対応しているのですよね。

CIMG4559

CIMG4554

 

形にして祭るという日本文化の奥深さを感じます。

京都という地は、

古来からの叡智で守り続けられているのですね。

 

魔を祓う四神で行う大和古流家の矢の儀式も

そうした叡智。

 

21世紀の今、

それを遂行できる人間が存在することが

とてつもないと思いませんか。

 

2月3日は節分。

この魔を祓う文化の原型さえも

古来からのしきたりを守りつつ

行っているのが大和古流なのです。

 

旧暦の1月1日は2月8日です。

まだお参りを済ませていない方はぜひ、

お時間つくって足を運んでくださいませ。

 

古来の文化を伝承して行い続けることで

勝ち続けている友常当主のおすすめ

必勝スポットです。

 

うわさの赤山禅院さんの必勝お守りはこちらです。

CIMG4564

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コラム・ブログ

メインバナー メインバナー メインバナー

御当主プロフィール

メインバナー
ページ上部へ戻る