△△ 茶の湯 △△  

一期一会


今日の出会いは生涯に二度とない出会いだと思い、主客ともに親切実意をもって交わることこそ、古来の茶の湯の根幹です。これを「一期一会 」(いちごいちえ)といいます。利休居士の弟子の山上宗二が残した『山上宗二記(やまのうえそうじき)』に「路地ヘ入ルヨリ出ヅルマデ、一期ニ一度ノ会ノヤウニ、亭主ヲ敬(うやま)ヒ畏(かしこまる)ベシ」とあるのがこの言葉の心の初見で、『南方録』の「一座一会」に継承されます。そして、井伊直弼(なおすけ)は『茶湯一会集』で「一期一会」の語を使って、その心を強調しました。現代では、この「一期一会」こそが、茶の湯の心を表す一語とされています。


 


当家の茶の湯の世界では、《来ぬ客を待つこころ》を第一としております。客もなく、誰との約束もなく日々茶釜をかけ茶の湯三昧。客が訪れるもよし、朋来たるを待つもよし、只々、
松風(風流な釜の湯を沸かす音)を楽しむのみ…・・。

◇◇茶の醍醐味◇◇   ◇◇茶に遊ぶ【喫茶去】◇◇





会発足にあたって | 『大和しうるわし』の使命 | 講演会・イベントのお知らせ | メールマガジン登録 | 大和しうるわし東海本部 | フロム・ザ・バレル物語 | 支部長募集 | ”『美人のお作法』”好評発売中 | 大和古流廿一世について当主 友常天眼斎貴仁の活動 | 《士道会》入門 | 《たしなみ》入門 | 【I'm from Japan. 6年きく組】 | 幸運の扉 | 『日本の歳時記・季節の便り』 | 『いろいろ禅の物語』 | 『大和古流茶の湯世界』 | 『日本の美』 | 『日本のかおり・・・香道』 | 『エジプトの神秘』 | 『隠された物語』 | 「国歌・国旗の真実」 | 「大和しうるわしWeb大学」 | 出版書籍のご説明及び販売 | 当主に聞こう!! | リンク集 | HOME